のほほんブログ
私の好きなことを中心にダラダラとお届けするブログです(*´∇`*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』の試写会に行ってきました(*´∀`)
2007年12月14日 (金) 15:27 | 編集
はい、そんなわけで「『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』 ≪日本の宝≫ 試写会」に行ってきましたよ。
試写会のハガキ


では、写真も混ぜながら、一日を振り返りたいと思います。

試写会に誘ってくれたYくんと、仙台駅の伊達政宗像前で14時に待ち合わせ。
駅の中には、ドコモツリーがありました。
ドコモツリー

Yくんが来たので、駅の総合案内所で、松島の観光用のチラシなどを見つつ、仙石線に乗るために移動。
目的地までは40分ほどかかるので、色々とお話ししてました。

松島海岸駅に着くと、朝からの雨も止み、若干日が差してきました。
まずは瑞巌寺まで行ってみることにした。

瑞巌寺 http://www.zuiganji.or.jp/index.html

正門入り口
ここが正門前の入り口ですね。私たちは近道を通ったので、ここからではなく、別なところから入りました。
ちなみにここから入ると、長い参道があります。

入り口には「ナショナル・トレジャー」の看板が。
とりあえず敷地内に・・・。
普段は参拝料を払うようなのですが、試写会のことで来ました、とYくんが受付?の人に聞くと、中のスタッフの人に聞いてくれというので、そのまま中に。
さすがにまだ15時だったので、中にはスタッフらしい人と、一般の観光の人がいる感じ。

門の前
中門の前には立派な木々たちが。長いことここにあることを象徴している感じ。

本堂
ここが本堂。試写会会場である。
とりあえず、入り口側にいる警備のおじさんに様子を伺ってみるYくん。
すると、「今のうちに中、見学していったら?」という言葉が。

せっかくなので、普段は一般公開されていない本堂を見学することに。
中では、スタッフの人が機材を運んだり、本堂内に座布団と毛布を用意していました。

全国5箇所で、しかも東北ではここ、松島の瑞巌寺だけなので、マスコミ関係もたくさん来ていました。
中の様子をぐるっと見学した後、座席をチェック。
全部で100名弱が座れるくらい。横が11~12席で10列ほど。
後ろの3列は、ちょうど畳になっていて、少し高くなっていた。

私たちは背が小さいので、その畳の席の一列目がいいね~と内心思っていると、警備のおじさんも、「あの辺がいいね」と同じことを思っていたw

おじさんに挨拶をして、一旦外へ。

看板前で
一応記念に。

瑞巌寺の境内にある、梅の木。「臥龍梅」という名前らしいです。
白梅
こちらが白梅らしい。
紅梅
こちらが紅梅。

伊達政宗が、文禄の朝鮮征討の役の際に朝鮮より持ち帰ったらしいです。
紅白の朝鮮梅の姿が「臥せた龍」に似ているところから「臥龍梅」と名づけられたらしいです。

中門より入って右側には、国宝の「庫裡(くり)」というのがあった。
庫裡
中には大きな菩薩像が。

反対側には宝物館があり、見学料は取られないので見てみることに。
中には木像や巻物、掛け軸、出土品などがありました。

しかし、入ってすぐに「・・・♪間もなく閉館となります♪・・・」との知らせがΣ(・ω・。)
冬は15時30分で閉館でした。恐るべし冬時間。
少し時間オーバーして、宝物館を後にする。

その後、Yくんが見たがっていた縁切り橋(本当は「出会い橋」)こと「福浦橋」へ行ってみることに。

しかしその前に、「五大堂」に行ってみた。
五大堂前
五大堂前の、縁結びの橋「透かし橋」前でパチリ。

「五大堂」にかかる、この朱塗りの橋は、木で作られた橋桁の間が大きく空いていて、足元から海面が見え高さもあるので結構怖い。((((゚д゚;;))))ガクガクブルブル
足元を良く見て身を引き締めて参詣しなさいという意味があるそうだが、カップルで歩くと思わず手を取り合ってしまうということから“縁結びの橋”といわれているそうです。

「五大堂」は、坂上田村麻呂が毘沙門堂を建立後、慈覚大師円仁が瑞巌寺を開いた際に、五大明王像を安置したことから「五大堂」と呼ばれるようになったそうです。

「五大堂」をクルっと見た後、目指すは「福浦橋」へ。
福浦橋
そもそもは素敵な出会いがあるといわれる「出会い橋」なのだが、なぜ「縁切り橋」と言われるのか?

「縁切り橋」と言われてしまった由縁は、福浦島には弁天様が祀られているため、女の神様である弁天様がカップルで行くと嫉妬するというところからきているらしいです。

しかしここは有料で、渡るのに200円取られます。
お金を取られるということで、ここまで来て断念しました。
どんだけ~~~w
悔しいので写真だけ撮ってみた。
福浦橋2
「200円くらいで」と言わないで下さいねw多分Yくんは私に気を使ったのかもです。ごめんよ ⊃Д`)グスン

あと、松島にはもう一つ、縁切り橋の「渡月橋」があります。

松島水族館の南側に位置する雄島にかかるこの橋は、僧侶や巡礼らが修行の為に修行僧が俗世間との縁を切り修行した場所だったことが縁切り橋と呼ばれる由縁。
ここで言われる「別れ」は恋人との別れではなく、過去や嫌なことからの別れを意味するので、ここを誰かと渡って縁を切ろうと考えてはいけませんw

(参考サイト 「海あるき街あるき」http://www.umi-machi.com/new/kanko/new1.html

残念ながら、こっちは時間が無かったので行きませんでした。はぅ。

そんなこんなで16時30分。
そろそろご飯でも軽く食べようか~と思い、駅のほうに戻ることに。
途中で、おばちゃんに「ご飯どう?」と声を掛けられるものの、そのまま進み、お土産などを物色しつつ、食事が出来るところを探す・・・が・・・。

ことごとく店が開いて無い('A`)

なんだ?冬時間は、こんなに閉まるのが早いのか???
(・ω・;)(;・ω・)オロオロしつつ、駅のほうまで行くと、明かりがついているお店が。
Yくんが立ち止まってメニューを見ていると、中からおばちゃんが出てきて声を掛けてくれた。
他には無さそうなので、そこでご飯を食べることにした。

松島 牛たんの店 (有)赤間精肉店http://www.akama-s.com/index.html

精肉店のようで、牛たんがメインのようだ。
Yくんは牛たんカレー、私は角煮丼セットにした。
中は6畳ほどのスペースで10人ちょっと座れるくらいの小さなお店だった。
でも中はとても暖かく、差し出されたお茶は、とても温かくて、冷えた私たちの身体を温めてくれた。

壁を見ると、誰かの写真が貼ってあったので見てみると、楽天の岩隈投手だった。(間違えていたらゴメンw)

運ばれてきた、熱々のご飯や味噌汁、サラダなどを食べて、満足満足♪
おばちゃんとお話しなどしていると、どうやら閉店時間ぎりぎりだったことに気づき、お店を後にすることに。
美味しいご飯ごちそう様でした~(´・ω・)(´_ _)ペコリ

少し早いけど、瑞巌寺に行ってみる。
すると、スタッフの人がいたので、中に入り、受付をする。
当然のことながらカメラ禁止なので、受付で預ける。
そして一人ずつ、貼るタイプのホッカイロをもらった。

どうやら座席は早いもの順だったようで、既に畳の一列目の真ん中は、数人が座っていた。
私たちは、やや左側の畳の一列目に座った。
徐々に観客が来るものの、平日の松島という場所、そしてこの寒さのためか、思ったほどの人が来なかった。
実際は30~40名ほどだろうか?
そしてマスコミはカメラを構えてスタンバイ・・・。

ちょ、やべぇwインタビュー来るんじゃね????
(((( ;゚д゚)))アワワワワ

後ろでは、何回もカメラのシャッター音がするし、マイクを持ったアナウンサーはスタンバイしている。
(||゚Д゚)ヒィィィィ!(゚Д゚||)
しかもね、ちょうど私が座ったところから、右奥(マスコミから離れたほう)にみんな座るのw
明らかに、左側空いてるのwww

そして予感は的中。
開始10分ほど前になると、一気にマスコミが押し寄せてきた。
ヒイィィィ!!!!(゜ロ゜ノ)ノ

まずはミヤギテレビ・・・かな?
Yくんに質問が飛び、私にもチラホラ。
続いてどこかのテレビ、仙台放送と続く。
(仙台放送は、「Movin'」のシャープペンをくれたので、多分この枠で放送するのだろう)

質問内容は、

「この試写会をどうやって知ったか?」
「国宝で観ることについてどう思うか?」
「寒さ対策は?」
「前作は見たか?」

こんな感じだった。

マスコミの取材が終わると、司会のお姉さんが仕切り始めた。
住職の話を聞き、いよいよ試写会スタート。

「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」

あらすじ・・・
アメリカ史上最大の謎、消えたリンカーン暗殺者の日記から、暗殺の真犯人として、ベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)の先祖の名前が発見された。
それはベンをおびき出して、日記に隠された「禁断の暗号」解読へと彼を導く何者かの陰謀だった。
真相を追うベンと仲間たちは、日記を探り、自由の女神・バッキンガム宮殿、ホワイトハウスといった、歴史的建造物に隠された驚くべき過去からの「暗号」を月々と解読。
しかし、核心に迫る彼らの前に、歴代大統領が守り続けてきた「究極のタブー」が立ちはだかる・・・。


スクリーンに映し出された映像は、ブレも無く、音も違和感無く見ることが出来ました。
前半のカーチェイスとか、アメリカらしい派手な見せ場ですね。
次々と謎を解読していくんだけど、良く頭働くなー('A`)
私なんて、途中の暗号(数字)だけでも覚えられないんですけどw
後半は、宝探しでハラハラドキドキ。
悪者はやっぱり(ry

なかなか楽しい二時間でした(*´∀`)
久しぶりに見たエド・ハリスは、やっぱり老けたなー。
でも渋みが増したけどね。
ニコラス・ケイジは、どうしてもモト冬樹に(ry

エンドロールが流れて明るくなると、客はサササーっと帰宅準備。
私とYくんは、のろのろと毛布を畳んだりしていると、またしてもマスコミがΣ(`д`ノ)ノ

「映画いかがでしたか?」
「寒さはどうでしたか?ちなみに今、氷点下二度です」←ウホw

と、待ってましたとばかりにテレビが。
アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノアワワ
ミヤギテレビと、仙台放送?あたりのインタビューに答え、外に出ると、更に朝日新聞?からも質問が。
カメラが無いのでだいぶ気楽だったけどw

どうやら私たちが最後だったかも。
電車の時間にも間に合わなかったので、のろのろと駅まで歩く。

とりあえず、待ち時間が30分以上あるので、近場のガストでお茶をすることに。
時間もそんなに無いので、ドリンクバーを頼み、温かい飲み物を二杯飲む。

体が温まったところで、駅に向かう。
時間ぴったりだったので、ほどなくして電車が来る。

それからまた40分ほど電車に揺られ、仙台駅に到着。
光のページェントをチラっとだけ見つつ、駅からバスに乗るYくんとお別れ。
私は地下鉄で最寄り駅まで。

そこから自宅まで・・・徒歩w

すでに旦那は帰宅していたけど、お疲れモードだったので、遠慮して電話しなかった。
(おかんは起きていたらしいので、次の日「電話すればいいのに」と怒られたw)

家に帰ってから、カメラのこととか映画のことを旦那に話した。
旦那は「(゚c_,゚`。)プッ」と笑っていた。
ちっw

なんか昨日は実感無かったけど、14日の朝の「トクだね!」で、フライング気味に放送してて、お茶吹いた。
まあインタビューは流れなかったので_( -"-)_セーフ!
問題は、夕方のニュースだ。
アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノアワワ
まあ多分カット(ry

でも改めて思うと、国宝の中でって、凄い経験だよね。
いつもは外からしか見られないところにいたんだもん。
こんな貴重な経験をさせてくれたYくんに(^人^)感謝♪
映画の試写会を引き受けてくれた瑞巌寺に(*^-^)ゞ感謝♪

ちなみに前作は、12月23日に、テレビ朝日系列で放映予定です。
2を見る前にチェックすといいかもー。


ランキングに参加中です。
気に入りましたらポチっとよろしくデス(´∀`*)
ブログランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あ・・・あわわわわw(・x・)

昨日ニュースでながれてたような・・・

いさみん様も写ってた…?(゚x゚!)

さむいなかお疲れ様です(・x・)ノ
2007/12/15(土) 10:32:07 | URL | きりこ #-[編集]
>きりこさん
ニュースそちらでも流れていたのですか・・・。
昨日の朝の「トクだね!」で、一瞬映ってました。
アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノアワワ
地元ニュースもチェックしたけど、後ろ姿とかは映ってたけど、インタビューはカットされた模様ですw

「国宝の中で見られて感激です・・・!」

と、こんな答えを期待されていたんだろうけど、ありきたりな返答したからなぁw
まあ、恥さらししなくて良かったですw
2007/12/15(土) 13:15:17 | URL | いさみん #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 歴史学者でトレジャー・ハンターのベン(ニコラス・ケイジ)は突然、見知らぬ紳士(エド・ハリス)から、自分の曾祖父がリンカーン大統領暗殺に関わったという証拠を突きつけられる。彼は先祖の汚名をそそぐため、元恋人で古文書専門家のアビゲイル(ダイアン・クルーガ...
2007/12/23(日) 09:12:06 | 本ナビ!by Tamecom,『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。