のほほんブログ
私の好きなことを中心にダラダラとお届けするブログです(*´∇`*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「リバティーン」観てきました~
2006年04月26日 (水) 03:33 | 編集
ジョニー・デップの「リバティーン」観てきました~。

えっと、内容はちょっと難しかったです(爆)←お馬鹿
というか、ちょっと重いからなのかな?
セリフの言い回しとか、理解するのに時間かかって、気がついたらもう進んでいたよー・・・と。

でも、とりあえず?ジョニー・デップ目当てだったんで(・∀・)←そこかよ

最初は、伯爵らしく着飾って(でも、どことなくだらしない感じもするが)いるのに、話が進み、王の怒りを買って逃げた後、バーで泥酔している状態のウィルモットは、顔が梅毒でやられて湿疹みたいなのが出ているし、以前のような精彩さが無い。
病気はどんどん進み、顔の傷が増えていく・・・。

なんで鼻にキャップみたいなのをしているのかと思ったら、梅毒で、鼻が崩れ落ちそうになっていたのねΣ(´д`lll)

おまけに、自分で尿意をコントロール出来ないから、失禁してしまうし・・・。(もしかしたら、既に男性器は無くなっていたのだろうか?)

なのに酒を止められないウィルモット。
そんな彼に、生き方を変えて生きて欲しいと願う妻。

ここらでちょいと(´Д⊂グスンでした。

最後は、王の弟を救う為に、足を引きずり、顔の湿疹(傷)を隠すために白く塗り、鼻が落ちないようにキャップをし、議会に出向き、発言する。
ウィルモットのおかげで、王の弟は助かり王は感謝する。
しかし、王のためではなく自分のためだというウィルモット。
最後は回心し、33歳という若さで亡くなる。

そして最後に、ウィルモットが冒頭の「私を好きにならないでくれ」といって消えていった時と同じように出てきて、「諸君はこれでも私を好きになったのか?」と問いかけてくる。

こんなにも破天荒でエロチックで自由奔放に生きたウィルモット。
そんな彼のこと、少なくとも嫌いにはなれません。

もう一度DVD出たら買ってみるのだ~(・∀・)

【おまけ】
映画館で、ポップコーンセット買ったら、特大ポップコーンがΣ(´д`lll)
夜ご飯食べてなかったんだけど、これの半分でもう限界っす。
バケツポップコーンと命名


明日は、これからのオススメ映画でも書きます。
もう限界。眠い。

ランキングに参加中です。
気に入りましたらポチっとよろしくデス(´∀`*)
ブログランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リバティーンって
そんな内容だったんだねぇ・・・(しょぼ)
オイラはあまり映画館行って見るほうじゃないんだけど、コレはチョット見てみたいかなぁ(ん)

にしても姐さんポップコーンでかすぎッ(いかり)
食え切れない分は近くの神社にいる「ハトポッポ(ぺんぎん)」にあげてみよう(ひょえ)(それ)
2006/04/26(水) 11:53:47 | URL | わいのじ #-[編集]
んだんだ
意外とダークになる映画であった(しょぼ)
でもね、ジョニーが演じてるからかもしれないけど、なんか惹かれるわ、この人に。
絶対ダメ人間ってわかってるのにね(笑)

でかいでしょ、ポップコーン。
S・M・Lとあったんだけど、飲み物とセットにしたから、どんなサイズかわかんなくて・・・。出てきたの見て、目を疑ったよ(ぎょ)
ちなみにまだ余ってる(あせ)
2006/04/26(水) 14:35:07 | URL | いさみん #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。