のほほんブログ
私の好きなことを中心にダラダラとお届けするブログです(*´∇`*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひぐらしのなく頃に「祟殺し編 其ノ壱 兄」
2006年06月02日 (金) 17:20 | 編集
「ひぐらしのなく頃に」の「崇殺し編」のスタートでーす。
今回も、なかなかキテます・・・!by Mr.マリック

(ネタばれを含んでいますので、反転して書いています。
若干見えますが(; ̄ー ̄川 アセアセ
見たい場合は、見えないところの冒頭部分にマウス合わせて、左クリックでコピーするようにして見て下さいね。今回は、少し遊び心として、途中の単語だけ見えるようにしてみました)

第9話。
オープニングから、なんかヤバイ雰囲気がバリバリです。
いきなり死体キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
しかも内臓(腸?)出てるやん・・・(/||| ̄▽)/
そして手には無数の釘が・・・。

ん?
釘??
これは、前回の話で、になった魅音が、圭一にしようとしていた「拷問」のやり方である。
腸が出ているのは、鷹野さんが語った拷問のやり方の一つである。
ということは、魅音が手にかけた「誰か」なのか?
それとも今回の話ではまた変わって、別の誰かが手にかけたのだろうか?

今回は、沙都子の兄に焦点が。
沙都子の兄の「悟史」は、一年前に家出したらしいのだが、みんなは「転校」したと言っている。
沙都子の両親は、雛見沢村のダム計画の賛成派であったが、一年前、旅行先で二人とも死んでいる。そして兄の悟史は、家出。

レナは、「悟史くんがいなくなったのは、オヤシロ様の崇りなんだよ」と、恐ろしい形相で語り始める。
その顔つきは、楳図かずおの漫画のようで、かなり怖い。

レナのあまりの興奮状態に、魅音が圭一と一緒に帰ることにし、レナと別れる。
魅音が言うには、レナは、オヤシロ様の崇りを受けたという。
それがレナをあんな状態にまでしてしまったのか?

今回もレナが鍵となるのかな?


続きが早く見たいじょー。

ランキングに参加中です。
気に入りましたらポチっとよろしくデス(´∀`*)
ブログランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「キタ━(゚∀゚)━ !!」だけ薄く見えたよw
こうやってみるとなんか「宣伝」みたいだ(ひょえ)
姐さん、腕上げたねぇ(ぐっど)(ぐらさん)
このように「フレーズ」抜き出しただけでも怖いもんだわ(ぎょ)
2006/06/03(土) 01:15:30 | URL | わいのじ #-[編集]
>わいさん
いひひ(ぎょ)
あえてわいさんを怖がらせるためにしたんだよw
だって、わいさん見ないからねぇ。
うけけけけ(ひょえ)
2006/06/03(土) 15:39:43 | URL | いさみん #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。