のほほんブログ
私の好きなことを中心にダラダラとお届けするブログです(*´∇`*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベルギーオルゲールミュージアムに行ってきた
2009年03月19日 (木) 14:33 | 編集
先日、松島の「ベルギーオルゲールミュージアム」に行ってきた。

■ベルギーオルゲールミュージアム
http://www.belgium-orgel.jp/


元々は「松島オルゴール博物館」という名前でしたが、2008年に「ベルギーオルゲールミュージアム」として生まれ変わりました。

テレビのニュースでもやっていたんですが、なにやらとてつもなく大きなオルゴールがやってきたとかなんとか。

んで、行く機会があったので行って来ましたよー。

ランキングに参加中です。
気に入りましたらポチっとよろしくデス(´∀`*)
ブログランキングバナー
入り口1
入り口から入るとこんな感じ。
建物を新しくしたのか、サイトで見た「松島オルゴール博物館」時代とはがらっと変わって綺麗な建物になっていますね。
入り口2

さて、早速入ってみましょう。

入場料は大人800円です。
館内は撮影禁止だろうな~と思っていたら、なんと撮影OKでした。
これならデジカメ持ってくるんだった・・・。

1Fがお土産とかカフェになってて、2Fでオルゴールの展示や演奏を聴くことが出来るらしい。
早速2Fへ。

ちょうど演奏が終わった所だったらしいが、少ししてからすぐに始まるという事なので、早速聴くことに。

マップでいう「聖堂風ステージ」というところで演奏が始まりました。
リモネール
「リモネール」という、フェアグランドオルガンです。
笛の数は137本。打楽器を使い演奏します。

ストリートオルガン
ここのミュージアムがベルベックに依頼して、古式の手法で作ってもらったストリートオルガンです。
ミュージアムで一番新しいオルゴールらしいです。
手前の人形が、音に合わせて動く仕掛けになっています。

デキャップ
「デキャップ」と呼ばれるジャズダンスオルガンです。
アコーディオン・パーカッションなど自動で演奏し、ジャズの雰囲気を出しています。
笛の数は214本。13種類の音色で演奏します。

ベルベック1
そして一番のメインでもある「ベルベック」という名前のコンサートオルガンです。

とにかくでかい

どれだけでかいかというと、高さ7m・幅9mの世界最大級!
ベルベック2
笛の数は619本もあり、圧縮空気を送って19種類の音色を演奏します。
この時に聴いた音楽は、ディズニーでおなじみの「ハイホー」「イッツアスモールワールド」などでした。
これがあれば、他の楽器要らないし(*゚皿゚)

比較対象として、私と一緒に撮りたかったんだけど、人がいなくなってしまったので、写真撮りづらかったwww

続いて「ヨーロッパの小路ステージ」ー移動。
ここにはピアノやオルガンなどが飾ってありました。

係りの方が、「ハーモニーパン」というストリートオルガンを演奏してくれました。
良く昔の映画などで見かけるような、手回しで聞かせる感じですね。

このミュージアムで一番古いオルゴールであり、現役で演奏ができるのは日本で唯一ここだけということです。

次は「オルゴールチェアステージ」へ移動。
ここには大きくてかなりの年代物のオルゴールが保管されています。

最初に「ポリフォン」と呼ばれる、コインを入れて演奏を聴くタイプのオルゴールを聴きました。
大きな円盤が一回転して、音楽を奏でます。
この時に使うコインは、なんと100年前のコインだとか。

100万円のオルゴール
名前を忘れてしまったんだけど、比較的新しめのオルゴール。
20年前くらいって言ってたかな・・・。
当時の価格で100万とか言ってたような気がします。

こういうタイプのオルゴールは、ピンを職人さんが一本ずつ打つので、かなり高いんだそうです。
最初の円盤なんかは、型を取れば何枚でも同じものが出来るので、そういう点では安上がりらしい。

シリンダーオルゴール
「プレモン」というシリンダーオルガン。
100年以上前のものなんですよね。
それでもオルゴールらしい綺麗な音色を響かせてくれます。

コメット
「コメット」と呼ばれるオルゴールです。
2枚のディスクが同時に回り、低音部と高音部を担当し、ステレオ効果を出しています。
ディスクを入れ替えて、違う曲を奏でることが出来ます。

オルゴールチェア
「オルゴールチェア」というオルゴールです。
椅子にオルゴールが仕掛けられていて、ぜんまいを巻いて演奏します。
座るとオルゴールが鳴る仕組みで、立ち上がると止まるとか。
どういう音色がしたんでしょうね~。

2Fを見終ったので、1Fの「スタディエリア」へ。

オルゴールヒストリーのコーナーでは、中世の貴族たちがコンサートやカフェで楽しんだ自動演奏器など、ヨーロッパで時代時代に愛されてきたオルゴールの歴史を辿ることができます。
スタディエリアでは、自動演奏楽器の音が出る仕組みや仕掛けの解説、古い蓄音機の展示がしてあります。
蓄音機
ラッパの大きさがとてつもなくでかい!
よくこのラッパの部分を支えられているなあと感心しました。

自動演奏ピアノ
自動演奏ピアノらしいです。
展示品なので音は鳴らないですが、どういう音がしたのかな?

あとはお土産コーナーには、たくさんのオルゴールと、ベルギーの物産などがありました。
いいお値段だったので、買わずに出てきてしまいましたがw

JR仙石線松島海岸駅から徒歩10分程度なので、散歩がてらに寄ってみてはいかがですか?

ランキングに参加中です。
気に入りましたらポチっとよろしくデス(´∀`*)
ブログランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オルゴールというと小さな物を想像していましたけど、大きい!
仕掛けも結構大がかりな物あるみたいですねぇ。

ベルギーのおみやげというと、ワッフルとかチョコレートとかあったのかな?
2009/03/19(木) 16:12:37 | URL | ふくにゃん #6KhU59tc[編集]
(-人-)さすが わが師よv
趣味がいいよぉ~(≧v≦)ノ

あんてーく大好きだからかもしれないけど
カッコいいですv

むぅぅ 仙台かぁ…(-v-!)
とおぃからベルギーいってこよっと(コラ



2009/03/20(金) 09:44:38 | URL | きりこ #-[編集]
>ふくにゃんさん
うん、ベルギーなだけに「わっふるわっふる」でした。
買ってくれば良かったかな・・・。
うん、物凄いでかくて圧倒されましたよん。

>きりこさん
アンティーク好きならお勧めですぞーい。
松島は歴史的建造物もあるので、観光に来たら是非。

ってベルギーwww
ワッフルよろしく><
2009/03/20(金) 14:34:46 | URL | いさみん #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。