のほほんブログ
私の好きなことを中心にダラダラとお届けするブログです(*´∇`*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひぐらしのなく頃に「祟殺し編 其ノ弐 キズナ」「祟殺し編 其ノ参 ~境界(さかいめ)~」
2006年06月28日 (水) 22:58 | 編集
まとめて「ひぐらし」見ましたよ~。
今回の「崇殺し編」も、なかなかいい感じで進みそうですよ。
(ΦωΦ)ふふふ・・・・

(ネタばれを含んでいますので、反転して書いています。
見たい場合は、見えないところの冒頭部分にマウス合わせて、左クリックでコピーするようにして見て下さいね。
少し遊び心として、途中の単語だけ見えるようにしてみました。これを見て、「ひぐらし」に興味を持ってくれると嬉しいです)

「祟殺し編 其ノ弐 キズナ」
沙都子が学校を欠席した。

大石刑事が、沙都子の様子を探りに学校にやって来る。
今回の大石刑事は、とても威圧的な態度で、嫌な刑事である。
圭一に対しても、脅しをかけるような態度で接してくる。

その後、入江先生から、沙都子の暗い過去を聞く。
両親を亡くした後、叔父夫婦に引き取られた沙都子は、夫婦から虐待を受けていたというのだ。
叔母は、綿流しの日に亡くなったが、いなくなっていた叔父が、再び戻ってきたというのだ。

心配になった圭一が沙都子の家を訪ねると、入江先生の車がやって来る。
中から、買い物帰りの沙都子も降りてくる。
明らかに沙都子の表情は暗く、どんよりとしている。
沙都子の叔父という人物が、家の中から沙都子に対して怒鳴りちらし、灰皿を投げつける。
圭一は、沙都子の体に、虐待されたとみえる青あざを発見する。
しかし、沙都子は、虐待の事実を認めようとしないらしい。

保護士がやって来たというが、虐待の事実は無いと追い返したという沙都子。
何故か?
これは試練だと考えているからだ、と。
強くなって悟史の帰りを待つのが沙都子の生きる理由なのだと。

そんな沙都子に対し、兄・悟史のように、沙都子の頭を撫でる圭一。

が、突然、沙都子が暴れだした。
圭一を突き飛ばし、何かを思い出したように悲鳴を上げて、嘔吐する。

そして沙都子の口からは、誰に対してなのか「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい・・・」と、謝罪の言葉が。

もしかしたら、悟史の家出と沙都子は、やはり何か関係があるのだろうか?


「祟殺し編 其ノ参 ~境界(さかいめ)~」
沙都子をこのままほっておけば、いずれ精神が崩壊してしまうと考えた圭一は、ある一つの作戦を思いつく。

「あいつがいなくなればいいんだ」

鷹野から、綿流しに人が死んだり消えたりするのは、オヤシロ様の崇りになぞらえて、誰かが殺しを実行しているからだと聞いた圭一は、鬼ヶ淵村と言われていた時から、村を仕切っていた、園崎家の時期当主である魅音に、今年の綿流しの犠牲者に、沙都子の叔父を選ぶように頼む。
しかし、魅音は、殺人なんかはしていないと圭一に言うと、その場を去る。

そして圭一が下した決断は・・・。

自分の手で・・・殺すこと。

表沙汰にならなければ、警察は動かない。
それを考えた圭一は、綿流しの日、沙都子をお祭りに連れて行ってくれるように、魅音に電話をする。

すると、魅音の口から、悟史と同じことを言うんだねと、言われる。

悟史も、綿流しの日に、沙都子を祭りに連れて行くように電話をしたというのだ。
それで圭一は直感した。

叔母を殺したのは悟史だ。
悟史は、沙都子を守ったのだと・・・。

圭一は、まるで悟史の意思を継ぐように、懸命に穴を掘る。
そして堀りながら、語られていなかった圭一の過去が脳裏に巡ってくる。
圭一は、偏差値が高く、頭もいいため、学校でその才能を妬まれて、いじめられていたこともあったようだ。
それで雛見沢の学校に来て、圭一は、心から安らいでいたのだと思う。
そして大事な友達が、ピンチに陥っている。
この状況を打破することが出来るのは、自分しかいないと・・・。
半ば思い込みすぎている気持ちの圭一である。

穴を掘り終えた圭一は、学校の電話から、沙都子の叔父を呼び出す。
スクーターでやってきた叔父を、圭一は、悟史のバットを使って、殴り殺す・・・。

しかし、事前に掘っていた穴が遠かったため、また一から穴を掘り、叔父の死体を埋める
作業を終えた圭一は、土砂降りの中、自転車を押しながら、ふらふらになりながら家に向かう。
途中、鷹野の車に乗せてもらう圭一。
車の中で、鷹野の口から思いがけない言葉を言われる。

「死体・・・、上手に埋められた?・・・」

まさか、見られていたのか?
動揺する圭一・・・!


今回も鷹野さんが、なかなか悪い人っぽいオーラを出しています。
大石さんが悪役刑事っていうのが珍しいかなーと。
そしてレナがおかしいと思ったけど、実は圭一のほうがおかしくなってきていました。
私の予感、大外れ~♪
ということで、次へ続くっ。

何気に、アニメをコミック化したものが気になっています。
絵も可愛いし~。
だけど買ったら3000円はいくな・・・。
怒られるから、見送りかな(・ω・`)

【鬼隠し編】

【綿流し編】

【崇殺し編】


ランキングに参加中です。
気に入りましたらポチっとよろしくデス(´∀`*)
ブログランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。