のほほんブログ
私の好きなことを中心にダラダラとお届けするブログです(*´∇`*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シルバーウィーク記念~足湯でだららん
2009年09月25日 (金) 01:08 | 編集
ネカフェで一泊した私は、午前2時半くらいに寝たのに朝の6時くらいに目が覚める。
そのまま二度寝するとまずいことになりそうなので、そのままうとうとしつつ起きてることに。

ソフトクリームが朝は8時半からだったので、とりあえずジュースをもらい着替えをする。
ソフトを食べ、カロリーメイトで軽く朝食。
ネットを少しやりつつ、モンハン(ぉ

ナイトパックの10時間もそろそろ終わるので、9時過ぎ頃にネカフェを後にする。

地図を見ながら渋谷駅へ。
待ち合わせの東京までの切符を買って山手線へ。

駅に着くと、物凄い人の波にびっくりする。
これがシルバーウィークってヤツか・・・ゴクリ。
祝休日に出歩かないので、混雑具合が分かりません。あうあうあー。

とりあえず待ち合わせ場所に行って、みんなにメール。
でんさんからは40分に駅に着くとのメール。

その間に、きなこさんから「ご当地リラックマ」を見つけたのでいるかどうかというメールが入る。
持って無いやつだったのでお願いする。

続いて准さんからメールが入り「待ち合わせ場所どこだっけ?(ぉ」というメールが入る。
「八重洲南案内所だお」とメールを返信。

そこへぶちょーとぺるさんが同時にやってきた。
そして更に准さんから電話で、場所が分からんというのでぺるさんに場所の説明をしてもらう。(説明下手)

そしてでんさん、准さんが待ち合わせ場所にやってきたので、5人で東海道線へ向かう。
そういえば切符・・・と思っていたら、ここで買うんじゃなかったのねー(;´Д`)
結局、渋谷から東京までの切符があるので、現地で乗り越し清算する事に。
これだから電車の乗り継ぎとかって苦手・・・。

座れるかどうか心配していたものの、先頭車両で早めに並んでいたため、余裕のよっちゃんで座れました。
男女でそれぞれ座ったので、私はぺるさんとラブラブシート(*´д`*)
色々話したりお菓子食べたり、昨日撮った写真を見せたりしていました。

途中、電車の中から海が見えたりしました。
海ってなんかわくわくするですね。
海だー
(写真はでんさんのを拝借)

小田原できなこさんも合流し、湯河原到着。
乗り越し清算で時間を食う(ぉ
湯河原到着

目的のホテルは、駅を出て左のほうに数分行くとありました。
ホテル
■ホテル城山
http://www.hotel-shiroyama.com/


中へ入りチェックイン。
部屋は五階で、エレベーターを降りてすぐ真向かいでした。
7人泊まるだけあって、なかなかの広さでした。

窓の下に露天風呂が覗けたり(ぉ
(男性用でしたけどね)

まずはみんなで食事ということで、近くのデニーズへ。
私のほうにはデニーズはほとんど無いので本場の「いらっしゃいませ、デニーズへようこそ」を体感する。
あとは「アンミラ」に入れば(ry

話がそれた。(それすぎ)

私は、トマトとナスとルッコラのパスタにしました。
ルッコラ苦ーい。
パスタ

なんやかんやとのんびりしていたら、間もなく15時というところ。
遅れてくるふろさんが、大体15時頃に到着するというので、みんなでそのまま駅へ向かう事に。

ちなみにふろさんは、韓国から飛行機で成田空港→湯河原という強行スケジュールなので、当初はもっとのんびり来る感じだったのだが、みんなで足湯に行きたかったので、頑張ってきてもらいました。

そして時間通りにふろさん到着。お疲れ様でしたー。
ホテルに荷物を預けて、みんなで足湯へ。
ホテルから歩いて10分程度のところにある「癒しの森 ルピナス」というところへ向かいます。
ルピナス
■癒しの森 ルピナス
http://lupinus.jp/


事前にクーポン券(ネット限定)を持っていたので、30分500円が40分500円になりました。
一番の目的である「フィッシュセラピー(ドクターフィッシュ)」でしたが、入り口の所に「フィッシュセラピーは休止中です」の張り紙を見て愕然とする。
そもそも、フィッシュセラピー自体は9月末で終了するようなのですが、休止中ってどうしたんだろーと思っていたら、なんかちょうどお魚が来たらしく、無事に受けられる事に!

中には、足湯とマッサージチェアなどが色々ありました。
まずはフィッシュセラピーをするために、「酸素泉」という足湯へ。
15分くらい入らないとダメらしい。足が汚いと魚が死んじゃうのかな?

酸素泉
■酸素泉
毛穴に入り込んだ超微細な気泡が、弾けるほどよい刺激を与えるので血行が良くなり、身体の芯から温まります。
湯冷めしにくく温泉足湯に入ったような気分が味わえます。
毛穴に入り込んだ気泡が弾ける際の大きなパワーによって、毛穴にたまっていた老廃物がかき出され、皮膚呼吸が活発になり、輝くようなスベスベの肌になります。
特に、肌を清潔に保つことが大切とされるアトピーの方には最適です。

これが終わり、いよいよフィッシュセラピーへ。
ドクターフィッシュ

足を入れると、瞬く間に踵や足先に魚が寄ってきました。
こそばゆいようなそんな感じです。
女性陣の足

よしよし、オラの汚い踵を食ってくれー!!!

きなこさんの足
不思議な感覚と共にフィッシュセラピー終了。

今度は足湯へ。
「ヒマラヤ岩塩」という足湯へ入ってみることに。
ヒマラヤ岩塩
■ヒマラヤ岩塩
ヒマラヤ岩塩は、今から約40億年前に地球の地殻変動で海水が陸に閉じ込められ、塩湖となり、さらに水分が蒸発濃縮されて結晶化し、さらに長い年月をかけて堆積して3億8千万年前に岩塩層となったものです。
ブラックソルトとピンクソルトがあり、ブラックソルトは、形成過程でマグマに接触し、高熱に焼かれヒマラヤ山脈に埋蔵されたと考えられています。
ヒマラヤ岩塩の足湯ではこのヒマラヤ岩塩をふんだんに使用し、ミネラルたっぷりの還元水に加えこれらの効果にをジェット噴射を加え足湯を体験することが出来ます。

結構熱めの足湯でした。
気持ちいい~。

この間、男性陣はフィッシュセラピーと、酸素泉のほうに入っていました。
ぶちょーと准さんは魚の写真を食い入るように撮ってましたね。

ぺるさんはドライスパというのをやっていました。
服を着たままで体験できる新感覚の水流マッサージで、体の血行が良くなるようです。
戻ってきたぺるさんが「体が痒い」と言っていたので、ちょっと湿疹がある私は遠慮する事に。

続いて「炭酸泉」へ入ることに。

炭酸泉
■炭酸泉
炭酸泉に含まれる炭酸ガスは、ヨーロッパでは昔から医療に用いられています。
ヨーロッパの人々は一般的に肉を好む食生活のため、動脈硬化、そして心臓発作をひきおこすことがおおく、そのリハビリに炭酸泉浴が重用されたといいます。
炭酸泉浴を行うと、皮膚に近い毛細血管や細動脈に炭酸ガスがしみこんでいき、酸素欠乏だと勘違いした体は、もっと酸素を運んでくるようにと毛細血管を広げ、血液の循環が良くなる。
これが、炭酸泉が体に好影響を与えてくれるおもなメカニズムです。

あんまり熱く無い足湯でしたが、出てみると、浸かっていた部分が赤くなっていました。
じんわりと温まっていたんですかね~?
炭酸なので、しゅわしゅわとした泡が付いていました。
あわあわ

その後、女性専用コーナーで、アロマの匂いを嗅ぎながら足のマッサージをしたり、骨盤調整器を体感しました。
骨盤調整器

30分毎に追加料金が発生するというので、クーポンで40分+30分で終了。

足がポカポカになり、ホテルへと帰ることに。

「シルバーウィーク記念~温泉の夜はUNOで大激突」へ続く。

ランキングに参加中です。
気に入りましたらポチっとよろしくデス(´∀`*)
ブログランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。