のほほんブログ
私の好きなことを中心にダラダラとお届けするブログです(*´∇`*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平泉の中尊寺に行ってきました
2012年04月13日 (金) 01:29 | 編集
春休みで、姉と姪が福岡から帰省していた時、両親と共に、岩手県の平泉に行ってきました。

平泉は、中学生くらいに行った記憶はあるものの、かなり久しぶり。
去年世界遺産へ登録され、観光客がかなり増えたようで、母が去年出掛けた時も結構な賑わいだったようです。

私たちが行った時も、駐車場には、色んな都道府県の車が、所狭しと停まっていました。

駐車場近くの入り口から、結構急な坂道(月見坂)を登って行きました。来る途中、雨が降っていたので、若干足場が悪かったですが、何とか上って、弁慶堂というところへ。

ここには、リラックマの絵馬(っても、馬は入ってないか?)がたくさん飾ってありました。
リラックマの絵馬
すぐ近くに、お守りとか売ってるお店があるのですが、それらしいのは売っておらず・・・。

その後、みんなで本堂へ。
本堂1

本堂2
お賽銭を入れて、煙も浴びて、次の場所へ。

峯薬師堂では、全国的にも珍しい「目のお守り」が売ってます。
峯薬師堂
母が去年来た時に買ってもらったのですが、その時は、世界遺産登録記念として金色タイプ(700円)のが売ってました。
今年は通常に戻り、赤と青の二種類(各500円)になっていました。
目のお守り

そしていよいよ金色堂へ。
金色堂に入るには、讃衡蔵という場所で、拝観券を購入しなくてはいけません。拝観券は、金色堂のほかに讃衡蔵にも入れます。

讃衡蔵は、国宝や重要文化財がたくさん展示されています。写真撮影は禁止なので、色々と眺めてきました。

そして金色堂へ。
金色堂
まあここも写真禁止なので、じっくり眺めてきました。
母はここで、数珠を購入した模様。

金色堂を後にし、来た時とは別の道を下って駐車場へ。

ご飯を食べた後、駐車場内にある「ゆめやかた」という蝋人形館に行くというので行ってみました。
3月末までは、通常よりも料金が安かったらしく、しかも午後3時以降だと更にお安くなるらしいので、入り口近辺で少し待っていましたw

ちょうど「東北へのメッセージ」を書くスペースが用意してあったので、姪がそこへメッセージと、最近お気に入りのガチャピンのイラストなどを書いているうちに3時になったので入ることにしました。

入り口には、物凄いリアルな義経が!
リアル義経
体毛は一本一本植毛し、義眼・義歯を使用し、東映京都撮影所衣装部作成の特注品の衣装を身にまとっています。
正直、ちょっとしょぼいのかなと思ったら、全然違いました。

中に入ると、入り口で松尾芭蕉がご案内してくれますw
リアル松尾芭蕉

中は撮影可だったので、携帯で撮れる分だけ撮ってきました。

「前九年の役」から始まり、奥州藤原氏が滅びるまでの歴史を、蝋人形で再現してあります。
が、正直、この辺の歴史には疎いので、説明を読んでもちょっとチンプンカンプンだったり・・・(汗)

蝋人形の途中には、「イメージゾーン平泉郷」があります。
平泉を代表する建物をエッチングガラスに描いたり、法要の日の平泉の参道や街の賑わいを和紙人形で表現してありました。かなり細かく作ってあります。
和紙人形1

和紙人形2

本当だったらこの時代には実在していなかった松尾芭蕉と弟子の姿も、こっそり垣間見ることが出来ます。これは作者のお遊びのようです。
芭蕉がいる!

和紙人形3

後半になると、大きくなった義経が出てきます。
成人義経

幼い頃に藤原秀衡の元で育った義経は、平氏打倒の兵を挙げる兄・頼朝に力を貸し、平氏を滅ぼすものの、その後頼朝との関係が悪化し、再び藤原秀衡を頼るが、秀衡の死後、跡を継いだ藤原泰衡に攻められ、自害します。

そんな義経を守ろうと、体中に矢を受けながら仁王立ちしたまま息絶えた弁慶の姿は有名ですね。
これもかなりリアル!
弁慶の立往生

出口には、感想を書くノートと、松尾芭蕉と弟子?の蝋人形、高橋克彦のサインが飾ってました。
そういや「炎立つ」は藤原氏の話だったか。
高橋克彦のサイン

中尊寺に来た際には、「ゆめやかた」にもお立ち寄りくださいませ。

ランキングに参加中です。
気に入りましたらポチっとよろしくデス(´∀`*)
ブログランキングバナー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
むむっ(・x・!)平泉・・・

いきたいなぁーと思いつつも、忙しくてなかなかいけない…。東京より西側は行くんだけど北側はあんましいけないのサ(・x・)

まぁ とりあえず金色堂も観たいので 行ってみようかな。

ついでに奥州も平定だ(・x・)ノ




2012/04/14(土) 10:58:34 | URL | きりこ #-[編集]
>きりこさん
私は東京までは行くけど、それから西にはなかなか行けないなあ~。
来る機会があれば、是非見ておくんなまし。
2012/04/14(土) 22:10:55 | URL | いさみん #-[編集]
むむっ・・・

何カ月も

更新されていないッ☆

と、いうことは・・・

まさか

まだ

中尊寺にいるのか…(・x・!)
2012/05/31(木) 23:33:13 | URL | きりこ #-[編集]
Re: タイトルなし
実は住んでましたー。なんて☆
単純にネタが無くて、更新してませんでした(;´Д`)
2012/06/02(土) 00:32:33 | URL | いさみん #-[編集]
いさみん殿は
出家されましたか…(-人-)ナム
2012/06/06(水) 20:43:34 | URL | きりこ #-[編集]
Re: タイトルなし
出家したら、今とは違う人生を送っているだろうな。
2012/06/18(月) 03:09:50 | URL | いさみん #-[編集]
>出家したら、今とは違う人生を送っているだろうな。

なんか上の矢が刺さりまくった「弁慶」のセリフみたぃだゾ(・x・!)ノ
2012/07/10(火) 20:59:17 | URL | きりこ #-[編集]
Re: タイトルなし
ふふふ、実は弁慶の生まれ変わり・・・んなわけないっちゅうねん(´・ω・)
2012/10/23(火) 21:36:45 | URL | いさみん #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。