のほほんブログ
私の好きなことを中心にダラダラとお届けするブログです(*´∇`*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いさみん、免許取得への道~その4
2014年06月10日 (火) 20:52 | 編集
GWも終わり、自動車学校も再開である。

まずは応急救護を連続で三時間受講から、いよいよ二段階がスタートである。

応急は、木曜の夜と、土日の午前とあるのだが、定員数が決まっており、多分土日は混むだろうと思い、早めに木曜の夜にお願いしたら取れたのだ。

応急の先生は、私がカッコイイなーと思っていたK先生。
授業なのをいいことに、先生の顔ばかり見てた(笑)

一時間目は学科で、二、三時間目は実技である。
テストもあるよーと言われ、ドキドキ。

休憩を挟んでから、教室を移動し、まずは3つにグループ分け。
8人しかいないので、3、3、2のグループに。私は2人のグループになった。

事故が発生した時、まずどうするか?みたいなことをグループでそれぞれ意見を出し合う。
私もとりあえず答える。笑われる(笑)

AEDがどこにあるか?という質問にも、みんな積極的に答えていたので、私も答える。

あとは人形を使って、心臓マッサージや、人工呼吸のやり方などを学ぶ。

最後のテストというのは、事故が起きた時の一連の動作をどうするか?ということでした。
事故が発生したら、まずは意識があるか確認して、助けを呼んで、救急車の手配とAEDを探してくれるよう頼み、自分は心臓マッサージと人工呼吸をする・・・というのが流れだが、たまに先生がアレンジを加えてくるので、対応できない(汗)

でも、とりあえずみんな合格ってことで、無事応急救護も終了。

次の日は、いよいよ二段階の路上・・・!!!
最初はまず、車のボンネットを開けて、中の点検の仕方などを教わる。
あとは、急ブレーキをかけた時の車の止まる距離とか、急ハンドル時の車体の遠心力のかかり具合?というか、そういうのを勉強。怖かった・・・。

そしていよいよ路上である。
えっ!!!もう出るの???
まあ、いつまでも学校の中じゃいけないのは分かってるけど・・・。

ドキドキしながら、学校の外へ。
走ってみると、道路がでこぼこしてて、ハンドルを小刻みに操作しないと対向車にぶつかるのではないかと思うほど。
速度も、40キロ、50キロと出さなくてはいけないので、アクセルを踏まないといけない。
でも、狭い自動車学校の中では、速度を出すとすぐぶつかるので怖かったけど、ある程度の長い距離がある道路だと、同じ40キロでも思ったほど怖くは無かった。

先生の指示に従って、右折、左折と繰り返し、少し人通りの少ない道路へ。
20分程度で、学校へ戻る。
それでも、かなりドキドキだー。

次の日も路上へ。
今度は、バイパスのほうに出るというので、えー!!と思いつつ、走ることに。
まあいずれ、ここも走らないといけないしな・・・。
バイパスは、法定速度の60キロだが、みんなバンバン飛ばしているので怖いのだ。
でもこっちは仮免許運転中の車なので、60キロ弱しか出せません。てか出すのも怖い。

案内標識を見ながら、それに従って進んでいく。
先生が隣にいる安心感で、路上でも、それほど怖い感じもなく走ることが出来た。
ただ、黄色信号の見分け方がイマイチ分からなくて、止まるべき?と、自分が思ったところでは「進んでください」と言われたり、行こうとしたら、「止まりましょう」とブレーキを踏まれたり。

あとは、やっぱり速度が思ったよりも出せなくて、少し遅くなってしまうので「速度出しましょう」と言われたり。
なかなか難しい。
もちろん、周りの車や原付、自転車に注意をしなくてはいけないし、車線変更なんかも、スムーズに出来ない。
ちょうど切れ目があるといいんだけど・・・。

学校に戻ってきて、少し学校内をぐるぐる回りながら「次は二時間連続なので、街中に行ってみましょう」と言われる。

「えーーー!ま、街中ですか???」

もう笑うしかない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。