のほほんブログ
私の好きなことを中心にダラダラとお届けするブログです(*´∇`*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いさみん、免許取得への道~その6
2014年06月20日 (金) 12:07 | 編集
今回の技能は、いつものS先生ではなく、別な先生と、私と同じように二段階に進んでいる生徒さんとの合同授業である。
まずどっちかが先に運転して、途中で交代するというので、じゃんけんで勝った私は、なんとなく最初を選ぶ。

いつものように学校を出る。
右折レーンで待っているが、向こう側が見にくいので待っていると、隣にいるK先生は「あー今行けたけどねー。後ろに車がいたら鳴らされちゃうねー」などとプレッシャーをかけてくる。
だってここ見えにくいし、矢印出るんだから焦らなくてもなーなんて思いつつ・・・。

しばらく道なりに走り、私があまり行ったところの無い道路へ。
「左折可」の標識のところを左折し、加速して車線に入れというので、あわあわ。
「次は右折だよー」と言われ、でも隙間が無くてあわあわしていると、同じ生徒のSさんに「ウインカーを」と言われ、右折のウインカーを出すと、ようやく入れるスペースが出来たので二車線目に入り、そこから右折レーンへ。
そのましばらく走り、K先生が「ではこのあたりで駐車してー」というので、前に左の余白が空きすぎていたことを注意され
たのを思い出し、サイドミラーで寄せようとすると「危ない危ない」と注意をされる。

「ミラーを見て寄せると曲がって止めちゃうから、ミラーばかり見ちゃダメ」

えー、そういうものなのか・・・。
確かに降りてみると、私が停めた車は、無残にも曲がっている。

がっくりしながら、今度はSさんに運転を交代する。

Sさんは、スムーズに運転して、特に危なげなところも無く、学校に到着した。
K先生も、心なしか私の時よりも優しかったような気が。

で、次は、ディスカッションルームでの授業ということで、10分休憩。
Sさんに、K先生が担当なのか?と聞いたら違って、私がカッコイイと思った、K先生が担当とのこと。
「K先生カッコイイよねー」というと、Sさんは「そうかなー?」とつれない返事。あまりタイプでは無かった様だ。

次の授業では、今まで習ったことと比較して、実際にこういう状況になった場合はどうするか?みたいなことを2人で話し合うという感じ。
本来は3人らしいが、今回は2人だけ。
で、まあ色々と場面場面で話し合いをすると、確かに授業で習ったばかりではわからないこととかも多いなーと思った。
曖昧な運転が、他のドライバーを惑わすということも。

あとは、事故が起きる時の映像を見て終わり。事故は避けたいものである・・・。


次の日は、Sさんの他に、もう一人大学生くらいの子を交えた三人で、いつもの教習車ではない車を使って、路上に出ることに。
一台目は、大きめのワゴンタイプ。二台目は、走りがスムーズなセルシオ?とかっていう車。
いつもと違う場所にギアがあったりハンドブレーキが足踏みだったり、色々と勝手が違うので戸惑ってしまう。
今回担当のT先生も、何となく苦手。
そして、まだ黄色信号の時の対応が微妙な私は、黄色で通ってしまい、T先生に注意される。しかも警察署前だったので(汗)
でもあれ、止まれたかなぁ・・・。うーん。

二時間目は、先生が少し遠出をし過ぎて、時間を少しオーバーして学校に戻った。
いつもと勝手が違う車に違う先生で、だいぶぐったりした二日間でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。