のほほんブログ
私の好きなことを中心にダラダラとお届けするブログです(*´∇`*)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いさみん、免許取得への道~その8
2014年06月27日 (金) 17:15 | 編集
さて、いよいよ卒業検定である。
ど緊張である。が、まあやるしかないわけで。
受かった時は、午後から卒業式なので、お昼ご飯が必要である。今回はコンビニで買って行くことにした。

終了検定も同じ日にやるので、結構な人数がいた。
待合室で待っていると、S先生が「落ち着いて頑張って」と声を掛けてくれた。

あと、この前の特別学科で一緒だったSさんも同じ日に卒検だったらしく、声を掛けてくれた。
始まるまで、Sさんと少しお話をしていると、先に終了検定の人たちが、まずは視力検査で呼ばれていた。
残りは10人弱程度。

卒業検定を受ける人たちが呼ばれ、教室に移動する。
全員で8人で、男2人、女3人、3人のグループに分かれる。
私は真ん中のグループの三番目だった。

前回と同じように、今日の一日の流れと、検定中の禁止行為などについて説明がある。
路上で走った後、学校に戻ってから、今回は左バックをするらしい。

準備が整うまで、同じグループの人たちと話をしていた。
そのうちの一人(仮にAさん)は、私が応急救護の授業を受けていた時に、一緒に受けていた人だった。
もう一人(仮にBさん)は、Aさんと一緒に卒検を受けて、2人ともダメで今回が二回目だという。
そういう経緯もあり、卒検時の話を聞くことが出来た。

準備が出来、私たち3人は、H先生が運転する車に乗り込み、検定場所へ。
H先生も気さくな感じの先生で、着くまでにちょこちょこお話をしながら、検定にもかかわらず、和気藹々としていた。

まずはAさんから。
二回目ということもあり、Aさんは落ち着いて運転している感じだった。

続いてBさん。
Bさんは、前回も左バックで失敗したらしいが、路上は特に問題なく走っていた。

最後に私。
検定場所は、思ったよりも車が少なかったので、黄色信号の時は早めにアクセルを緩めて止まる事が出来た。
右左折の時に、思ったよりも寄せられてなかったのが、ちょっと気になった。
停車の時もかな。ぎりぎりに寄せてもダメだけど、寄席な過ぎてもダメだし・・・。

帰りは、またH先生が運転して、学校へ戻る。
少し時間ぎりぎりだったので、急いで左バックをすることに。

まずはAさん。
Aさんのやり方は、やっぱり私が教わったのとは違ってた。
でも、すんなりと出来ていたようだった。

続いてBさん。
Bさんは、左バックにかなり不安があるのが傍から見ても分かっていたが、案の定脱輪してしまい、そこからまずは戻ってやり直さないといけないが、その時にまた脱輪。
何とかそこから立て直したものの、正直なところ、難しいかも・・・。

そして私。
昨日のみきわめの時も、左バック右バックともに、ハンドルを切るのが遅いらしく片方にだいぶ寄ってしまう私は、今回も同じように右側に寄ってしまった。
ぎりぎりいけるかなーとも思ったけど、少しだけ幅寄せをして、右折で出る。

そして検定は終わり、順番にH先生からダメだったところなどを指摘されていたようだ。
Bさんは、やはり脱輪がだいぶ響いていたようである・・・。

私は、自分でも気になっていた、左折時の左の寄せを指摘された。
あとは左バック。危なかったよーと言われた。やはり・・・。

あとは特に無く、結果が分かるまで、また待合室で待つことに。
別グループだったSさんと合流し、Aさん、Bさんと待つ。

結果が発表された。
落ちたのは一人。Bさんだった。

Bさんには申し訳無いけど、とりあえず受かったことにホッとした私は、Sさんと一緒に、お昼を食べることに。
その後、Aさんも合流し、時間までお話しをしながら待つことにした。

午後の卒業式は、7人のはずが、何故か6人だった。
受かった女の子は、用事でもあるのか、帰ったらしい。いいのか?(笑)

卒業にあたり、必要な書類の記入と、本試験を受けるための説明などをされた。
まだ学科があるからねー。これに受からないと、免許がもらえない。

一時間程度で卒業式が終わり、Sさんと頑張ろうねーと挨拶を交わして帰宅。
その足で、万点屋の問題集を書店に買いに行き、早速勉強をする。
解いてみると、結構出来ないところがあり、何日も勉強していると、「まだ受験しに行かないのか?」と心配した父が母にぼやいていたようなので(笑)、その週の金曜日に受験することにした。


免許センターでの学科試験は、8時30分からの受付だったので、それに間に合うように向かう。
手続きを一通り済ませ、残りの時間は、問題集や教科書などを見返す。でも余り頭に入らないけど。
トイレを済ませ、今か今かと待っていると、アナウンスが流れ、二階の受験教室に移動する。

自分の受験番号の席に座り、筆記用具を出して、担当の先生?の説明に従って、必要なところを記入していく。
時間は50分。
仮免の人たちもいたので、その人たちは30分で退席することになる。

問題は、大体は分かるものの、やはり2、3個怪しいところがあった。
イラスト問題は、多分全部出来たと思う。これ、1問2点だから、落とすと痛い。

解き終わった後、もう一度頭から見直す。一箇所、おかしいところを発見して訂正。
見直すと、ちょうど終わりの時間だった。

その後、発表までまたしばらく待つことに。
その間に、ラインなどで会話していると、いよいよ発表が。
電光掲示板に番号が表示され、私の番号が・・・あれ、見当たらないなーと思ったら、ありましたよありましたよー!!!

何箇所が抜けていたところがあったので、ダメだった人はまた受験しないといけないのね・・・。
そんなことを思いつつ、受かった人たちは、必要な手続きを済ませ、テストの点数が知りたい人は聞いて(私はあえて聞かなかった)、午後からの写真撮影まで一時解散。
私は家が近いので、いったん自宅に戻ってご飯を済ませて、それから再び免許センターへ。

写真撮影は5番目くらいで、しかもあっという間に撮られてしまった。えー、髪とかちゃんと直したかったのに・・・。

それからさらに30分程度待ったのかな?
受験したところと同じ教室に移動し、免許取得後一年の間に違反をすると云々という話と、飲酒運転絶対ダメ!という話を聞き、やっとこ免許証をもらうことが出来た。
案の定、微妙な写真だったが、まあやっとこ手にした免許証である。だいぶ感慨深い。

学校から、卒業時に初心者マークをもらってはいたが、マグネットタイプがもう一枚欲しいなーと思っていたので、近くのオートバックスで、マグネットタイプを購入。

それから、ちょこちょこと運転はしてみるものの、一人だと不安だし、隣に母を乗せると「怖い危ない」を連発される。
あげく、自宅で車庫入れの練習をしていると、左前をこすってしまい、一気に自信が無くなった(笑)
まあ、下手な人は運転しないという選択肢も・・・。

とはいえ、せっかく取ったので、徐々に慣れていこうと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。